2017年2月20日月曜日

ノマドたるもの図書館を極めよ!- 国立国会図書館篇 -

こんにちは。尾野です。
本日は、ちょっとサーチャーらしい話をしようと思います。
サーチャーについてはまた詳しく後日話をするとして。

只今、ここに来ています。


そう、永田町にある、国立国会図書館です。

国立国会図書館というと敷居が高そうですが…。

実は、私のようなノマドワーカーには、またとない天国なんです!

まず、利用要件は満18歳以上であること、のみ。
あとは身分証明書を持参して、「登録利用者」なるものになれば無料で利用できます。


写真の向かって左が本館(図書)、右が新館(雑誌)。上手に使い分けましょう。

館内のうち、新館2階の閲覧室、本館2階の第一閲覧室は、電源もWi-Fiも使い放題
開館時間内であれば、書庫から本や雑誌を出してもらって自由に読めます。
中には絶版本や漫画も!
私は今日、仕事関係の調査に来たのですが、時々脱線してます(笑)。

デメリットがあるとすれば、何か館内閲覧していると、館外に一歩も出られないことですかね。
ただし、館内に売店や喫茶店があるので、とりあえず「ペンのインク切れた」「飢え死にしそう」ってことはまずないです。
…品ぞろえの問題はありますが。

でも、国会図書館の庭も、私は地味に好きです。
今は、梅の花が見ごろでした。



というわけで、18歳以上の諸君、一度国会図書館に行こう!
日本の最高水準の本に会えるぞ!
もし、誰かと一緒に行きたいなら、是非Twitterアカウントをフォローした上で、声をかけてください!
サーチャー的見どころを色々ご案内しますよ!

さあ、仕事に戻ります。